おけいこは家庭のサポートも大事

家庭でのサポート

家庭内不和まで行かなくとも、夫婦間で価値観を合わせ、共に関心を持ってサポートすることが必要なのは前述のとおりです。

今日はどんなことを学んだか、どんな大変なことがあったか、どんなことができるようになったか、そんな会話をどんどんしてあげましょう。

そうして目に見えて成果が出たり成長した際にはしっかりと褒めてあげることも大事です。

親が関心を持って話をしたり興味を持ってくれると、もっと褒められたい・もっと期待に応えたい・もっと喜んでもらいたいなど、子供はより一層注意深く頑張るようになるものです。

同じ目線で共感・成長を促す適度なアドバイスなど、共に成長を楽しむイメージで接していきましょう。

働き方にも気を付けて

昼夜休日問わず仕事に精を出すお父さん、保育園や学童に時間いっぱいで預けながら共稼ぎのお母さんなど、現実的にはなかなか子供との時間が取れない家庭もあるでしょう。

それでもなんとか工夫をして、できるだけ接してあげてください。

時短勤務ができる職場であれば活用したり、自分のペースで働くことができる部署への配置転換願いを相談してみても良いでしょう。

例えば医者や看護師などの特殊職でであれば、医師の求人転職を専門としたサイトを活用して、思い切って転院するという選択肢もあります。

何が一番重要かというのは過程によって様々だと思いますが、いろんな選択肢を検討して、その中でバランスをとる努力をし続けることが大事ではないでしょうか。


since2005Copyright © 子供のおけいこどれがいい?