学校の授業も楽々、英語・そろばん・公文

近年人気の高い英語

ここのところ人気が高くなってきているのが、英語・英会話教室です。

英語の重要性は今更言うまでもないですが、特に言語は年少であればあるほど自然に身に付く傾向にあり、小学生未満で英会話を学べる教室も少なくありません。

学校での英語学習も年々低学年化してきており、長期的に見ても受験や将来の仕事にも直結する科目であることから、重要度の高い習い事になってきていると言えます。

反面、講師やカリキュラム、同時にレッスンを受ける人数などによってその効果は雲泥の差が生まれますので、特に事前調査は念入りに行った方が良いでしょう。

両親がやっていたケースも多いそろばん

日常でそろばんをみかけることはほとんどありませんが、経験者から言わせると「頭の中でそろばんが動いて暗算なんてお手の物」。

そんなそろばん教室は、瞬時の計算力のみならず、算数など授業につながる部分もあり根強い人気があります。

時代的に両親やおじいちゃんおばあちゃんも習っていたケースもあり、その優位性を実感として持っている方も多いようです。

熟練すれば電卓よりも早い計算が正確にできるようです。

学校の教科に直結、補完できる公文

就学前から国語・算数・英語に触れられる公文。

多少遅れがちかな、という子供にも個々にあった学習で、遅れることなく小学校の学習に入っていけます。

おけいこというより学習塾の年少版という感じですが、効果があるようであれば引き続き小学生以降のカリキュラムもあるようです。

幼児コースでは学ぶことはもちろんのこと、学習する癖をつけてくれるところがもっとも重要で、小学生以降の学科において効率的に学べる基礎を築く効果も高いようです。


since2005Copyright © 子供のおけいこどれがいい?