文化系の一番人気はピアノ

一生の趣味にもなるピアノ

家庭にある楽器の中でもっともメジャーであるといっても過言ではないピアノは、音感を養い情操教育の一環としても効果が期待できます。

日々の自宅での鍛錬も欠かせませんが、それも一つの教育であり継続することの重要さを子ども自身が身近なところで実感できます。

全国的にも学べる場所が多く、ある程度基礎が身についてしまえばその後の人生でいつでも趣味としてピアノと付き合っていけます。

また、苦も無く楽譜が読めるようになるというのも一つのメリットでしょう。

もちろん学校の音楽の授業などでは優位性が発揮でき、得意教科の一つとなるのは間違いありません。

男の子にもおすすめ

ピアノというと女の子が弾くイメージがやや強いかもしれません。

学校での合唱の伴奏やテレビアニメなんかでは女の子が弾いているなど、男の子が弾いているイメージは少ないかもしれません。

しかし、名ピアニストには男性も多いですし、何と言ってもピアノが弾ける男子というのは格好いいです!

男の子ではピアノを習うのはおかしい、ということは決してありませんので、両親やお子さんの希望がある場合は是非挑戦してみましょう。

自宅練習は近所迷惑?

普段の自宅練習が環境的な面で気になる、というケースもあるかもしれません。

ピアノの音は決して小さくありませんし、グランドピアノはもちろん、アップライトピアノにしても大きくて高価で重量もあります。

しかしなにも生ピアノでないと練習できないなんてことはありません。

最近の電子ピアノは安価ながらも生ピアノの鍵盤に近いものも多くなっており、コンパクト・軽量で身近なものになってきています。

もちろん音量調節やヘッドホンでの演奏も可能ですので、住宅密集地であったりアパートなどでの練習も心配無用なのです。

おすすめLINK:

電子ピアノを探す→http://xn--cckueqa7164bemxd.net/, ウィキペディア「電子ピアノ」


since2005Copyright © 子供のおけいこどれがいい?