幼児からはじめる習い事

習い事は必要?

生まれた時は何もできなかった子供も、いつしか自分で歩き会話もできるようになり、いろんなことに興味を持ち始めるとともにいろんなことができるようになってきます。

この時期からの子供は何事も吸収が早く、親も驚くようなスピードで体験したことを学び会得していきます。

そのためいろんなおけいこ~習い事があり、様々な子供が両親の期待を背負って通っています。

まわりで習い事に行かせている~なんて聞いたら気になるお父さんお母さんも多いのではないでしょうか?

習い事をしないと今後の人生で取り残されてしまう・・・なんてことはありませんが、選んだ習い事によっては今後大いに役立つことや、様々な将来につながることもあり、基本的にはその分野のみならず様々なメリットがあるケースが多いのです。

時間や費用が限られる中、どんな習い事があり、どんなメリットがあるのか、見ていってみましょう。

代表的な習い事の種類

都市部と田舎では多少施設の違いはありますが、多く人気があるのはスイミングとピアノです。

人気があるだけにいずれも全国的に施設が多く、選択の幅が広い習い事と言えます。

施設が少ないものの比較的人気があるのが、バレエや空手です。

また、学校の授業にも直結するそろばんや公文は昔から、ここ数年は英語もより早い時期から学習することが大事と人気を集めています。

これら比較的人気の習い事について、どんなメリットがあるのか体験談をもとにまとめてみたいと思います。

習い事と並んで悩みの種が子どもの病気

幼い頃の子どもは、まさに健康で元気でいる時のほうが珍しいと思えるくらい、いつも何かの病気だったり熱が出ていたりします。

初めての子どもだと、見たこともない症状や状態にとてもびっくりすることでしょう。

昔は近くに自分の親がいたりして、「あんたも昔からそうやって熱を出していた」なんて教えてもらうこともできたと思います。

それが今ではネットに変わり、いろいろ小児に関する情報を調べることができるようになりました。これも時代の流れですね。


since2005Copyright © 子供のおけいこどれがいい?